自由が丘の矯正歯科

自由が丘の矯正歯科

恐怖の抜歯体験

自由が丘の矯正歯科で歯列矯正をしていた時、顎が小さいのでこのままではキレイにそろわない。親知らずを抜きましょう、という話になりました。健康な歯を抜くなんて恐怖そのものでしたが、仕方がないと了承し、以後2〜3ヶ月に1本ペースで着々と処置は進んでいきました。上の歯2本の親知らずはまっすぐ生えていたため、これといったトラブルや抜糸後のはれもなく、順調そのものでした。

 

 

困ったのが下の歯の親知らず。ナナメに生えている上、相場よりも大きかったそうで、歯を割って取り出すという荒療治を施すことになりました。当然ながら麻酔は部分麻酔。口の中でトンカチをガンガンやられているときは、麻酔が効いているにも関わらず痛みが出てしまい、思わず大粒の涙を流してしまいました。経験をしたことはありませんが、出産のときはこんな痛みなんだろうなと思っています。

 

 

さらに、事件は続きます。麻酔が切れたときの痛みは七転八倒。2〜3日は痛みで眠れない日々が続きました。さらに抜歯したほうの頬がはれ上がり、顔の右半分がアンパンマン状態に。口の中をざっくり切られた上、トンカチを使われたのですから当然です。
しばらくマスクで仕事を続けましたが、人生で一番つらい経験だったかもしれません。そうして手に入れたキレイな歯並び。死ぬまで続くことを祈ります。

 

歯科でのトラウマ

自由が丘の矯正歯科で歯の矯正をして

小学生のころ、自由が丘の矯正歯科で歯の矯正をしていました。
うけぐちと歯並びです。

 

うけぐちは産まれたときからで、特に不自由もなく飲食していました。
歯並びは歯の生え変わり時期にぐちゃぐちゃばらばらに生え始めてしまったので、矯正歯科に通い始めました。

 

自由が丘の矯正歯科ではレントゲンを撮ったり歯形をとったりしたと思います。
先生が親と自分にもわかるよう、やさしく話してくれたのを覚えています。

 

その当時の矯正は今とは違うかもしれませんが、
自分がしたもらってたのは歯に合わせた針金(バネ?)を歯の外側に装着するものと、
ヘッドギアみたいなものを寝るときにかぶりあごを引っ張る(?)ものでした。

 

歯の外側に装着した針金は笑うと見えてしまうし、食べ物ははさまったりひっかかったり、
ガムは食べることができず、歯磨きもとても大変でいやでいやで仕方ありませんでした。

 

寝る時のヘッドギアも寝苦しいというか、慣れるまでは(慣れても)いやでした。

 

でもそのおかげで歯並びはとてもきれいになり、うけぐちも普通のかみ合わせに治りました。
つらい矯正でしたが、きれいになり良かったと今では思います。

 

大和 葬儀

 

自由が丘の矯正歯科で歯の矯正をして

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ